保険は、〇〇保険から加入しよう!

保険は、〇〇保険から加入しよう!

保険は〇〇保険から加入しようについて説明します。

 

■もくじ

1. 保険加入の優先順位

2. まとめ

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、保険には入ったほうがいいとはわかっているけど、いろんな保険にはいると掛け金が高いし、どの保険を優先して加入していくべきかわからないという方が結構いらっしゃいました。

まず、保険ってなんのために加入するか考えたときに、一番に思いつくのが、自分が死亡したときや、相手に対して多額の損害賠償をもとめらせたときにお金の心配をしたくないからという理由がくると思います。

このことから、万一のときに必要な金額が、保険に加入しておかないとまかないきれない事柄から加入すべきです。

そこで優先して加入すべき順番を簡単に説明していきます。

 

 

 

 

1. 保険加入の優先順位

加入の順番

1位 自動車保険

必要保障額→無制限

自動車の事故は、何億という賠償請求をされる場合もあり、1度の事故により人生が台無しになってしまう場合もあります。

損害賠償の保障は、無制限で加入しておくとをおすすめします。

 

1位 個人賠償責任保険

必要保障額→無制限

最近では、自転車で走行中に歩行者とぶつかりゲガをさせ、多額の損害賠償を求められたケースがあります。家族で、自転車に乗って通勤、通学している方は、加入しておくことをおすすめします。

 

3位 建物保険

必要保障額→自己所有の建物がある方は、その建物と同等の建物を新たに建てたときの価格

人生で一番高い買い物になっている方も多いと思います。高い買い物であるがゆえに、もしものとき、家がなくなってしまったら保険に加入していないと新たに購入するのは難しいです。

 

 

4位 生命保険

必要保障額→公的保障(高額療養費制度、遺族年金等で賄えない金額)

必要保障額計算方法を参考にご自身の必要保障額を計算してみましょう。

私の場合は、約1500万円になりました。

 

 

 

 

 

 

2. まとめ

保険といってもいろいろな種類があり、心配だからといってすべての保障に加入してしまうともちろん掛け金が高くなってしまい、家計圧迫してしまいます。必要保障額が多いものから加入することにより、もし、最悪の事態が発生したとしてもなんとか乗り越えることができます。今現在、保険料が高すぎるて家計を圧迫している方は、優先順位が低い保障を見直してみるのと掛け金を抑える一歩につながりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

kanekko777

コメントを残す

CAPTCHA