車 任意保険 必要なの?

車 任意保険 必要なの?

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で自動車保険の新規獲得や継続手続き、事故現場への急行対応を行ってきました。

 

損害賠償では、億を超える場合もあり加入していないと一瞬にして人生が180度変わってしまいます。

 

事故が起きてからでは保障を変えることができないので、自分の加入している保障を把握し、もしものときに備えておくことは大切です。

 

そこで、まず、保障の必要性を解説をしていきます。

1. 必要性

 

1-1 自動車事故は約1分に1件発生している!

都市部を除き、自動車は交通手段として欠かせない存在となってます。その一方、全国で年間約47万件の交通事故が起こっており、けが人は約58万人、死亡者数は約3600人となっています。

いつ自分が、被害者や加害者になるかわかりません。

 

1-2 自賠責保険に加入だけでは足りない!

車の保険には、自賠責保険があります。中には『自賠責保険に加入しているから大丈夫』と思っている人もいるようです。ですが、自賠責保険だけでは不十分です。

自賠責保険だけ保障できるのは対人賠償責任でだけであり、その金額も傷害による損害で最高120万円まで、後遺障害で4000万円、死亡による損害で最高3000万円になってます。

対人賠償額が自賠責保険の支払い限度額を超える場合、十分な保障が出来ません。そこで、任意保険に加入しておくことにより、その不足分を補てんすることができ、安心です。

 

1-3 自分の車の保障もつけることができる!

車両保障がつけることができ、自分の車の修理、買い替えの費用も保険で賄うことができます。

特に自損事故(相手がいない事故)の場合、すべて修理代等は、持ち出しになってしまいますので、安心です。

 

1-4対物賠償がついている!

相手のものに対しての保障がついていて、相手の車、建物、営業損害などを補償してくれます。相手への保障も高額になる場合もあり、安心してます。

 

1-5自分のケガの保障もついている!

自分自身がケガしたときの保障があり、入院、通院や休業保障などが受けることができます。

 

1-6 自然災害の保障もついている!

最近は、全国各地で水害が発生しています。普段運転する頻度が少なく、事故に合う確率が低いかもしれませんが災害は、いつ、どこで発生するかわかりません。自然災害によって買い替えや修理が必要になったときでも保障の対象になります。

 

まとめ

 

高額化する賠償金や無保険車との事故、自損事故、といったリスクを考えると任意保険に加入するしかないです。人生が事故により

180度変わってしまうことがないように備えが必要です。まだ、加入してないお車をお持ちの方は加入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

保険の窓口インズウェブ

kanekko777

コメントを残す

CAPTCHA