8月 2019アーカイブ

建物保険とは?必要なの?

建物保険とは?必要なの?

このことを説明していきます。

 

■もくじ

1. 保障内容

2. 必要性

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で建物保険の新規獲得の営業や保険金の請求の対応を行ってきました。

 

家は、一生のうち一番おおきな買い物です。その家が、災害により、大きな損害を被ったら、多額の修理費や建て替え費用が必要になってしまいます。

 

今の日本は、いつどこで災害が起きるかわからないです。毎年のように各地で災害が発生して大きな被害をもたらしています。

 

災害が起こってから後悔しないため自分の家の保障を理解しておくことは大切です。

 

そこで、まず、基本的な保障の範囲の解説をしていきます。

 

1. 保障内容

基本的な保障内容

1-1 火災

 

火事や落雷による被害が保障の対象になります。

 

 

1-2 風水害

水害、台風、雪、ひょう、竜巻などによる被害が保障の対象になります

 

1-3 地震

地震による被害が保障の対象になります。

津波や地震による火災はこちらになります。

 

 

以上のようにおおまかに分けて3つに分かれます。

 

保険の商品により、この3つがすべてセットになっているものもあれば、特約の付加により保障の対象になる場合もあり注意が必要です。

保険証に明記してありますので、確認しておきましょう。

 

 

 

2. 必要性

災害が起こり自宅がに被害がでたとき、復旧に向けて必要になるのは間違いなく、お金です。

家は、ローンで購入している人も多く建て替えの費用を全額持っているひとはほとんど

いないのではないしょうか。そうしたこもあり、今と同等の家を建てることのできるくらいの

保障に加入しておくことで非常に安心です。

 

 

2-1 火災

ほとんどの人が加入している保障ですね。掛け金も安いですし、必ず加入しておきましょう。

 

2-2 風水害

最近は、全国的にみても風水害の被害も増えてきており、いつどこで起きるかわかりません。とくに大雨による水害はリスクが高くなっています。

1時間に50ミリを超える大雨の発生件数は年々増加傾向にあります。

2-3 地震

地震による被害は地域によって発生頻度は、大きく異なります。また、津波の被害も海に面してる場合のみになります。

お住いの地域の地震、津波リスクを考え、加入しておきましょう。

 

 

災害で自宅を失った人はの中には、『自宅を失い、住宅ローンだけ残り、さらに賃貸住宅の賃料が発生し生活が成り立たない。』という人も

多くいます。後悔にないようにしっかり加入しておきましょう。



自動車保険は20等級だからもう掛け金下がらないの?掛け金を下げる方法ないの?

自動車保険は20等級だからもう掛け金下がらないの?掛け金を下げる方法ないの?

について説明します。

 

■もくじ

1. 現契約の見直しポイント

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で自動車保険の継続手続きの対応を行ってきました。

 

その仕事の中で、お客様の保障内容を見直すことにより、掛け金の無駄をなくしてきました。

 

そこで、まず、見直しポイントを解説をしていきます。

 

1. 見直しポイント

 

1-1 保険加入車両に家族しか運転しない。

同居の家族しか運転しない場合、家族限定特約を付加することにより、掛け金が安くなります。

 

1-2 車両価格が10万円なのに車両保障をつけている。

車両価格が10万円だと、貯金等でまかえなてしまう場合が、ほとんどだと思います。わざわざ高い掛け金を支払う必要はありません

 

 

1-3 年齢条件を変更したことがない。

年齢条件を変更したことのない方は、年齢条件を見直すことにより、掛け金が安くなる場合があります。

 

1-4 車両保障に免責をつけていない。

免責○○万円(車両の費用として事故のとき○○万円は自己負担する)等付加しておくことにより、掛け金が安くなります。

 

1-5 対物保障に免責をつけていない。

免責○○万円(対物の費用として事故のとき○○万円は自己負担する)等付加しておくことにより、掛け金が安くなります。

 

1-6その車で遠出をしない。

事故での旅費の保障や代車費用を保障してくれる特約があるので、その特約を付加しない。

 

 

 

2. まとめ

どうでしたか?上記に1-1~1-6に1つでも該当する項目がありましたか?

掛け金を多く払えばその分、いい保障に加入でき、万一のときも

安心ですが、保障を理解せずに加入してると高い掛け金を払い続けることになり

ます。もし、あなたが該当していれば、掛け金節約の見込みありです。

現在、加入の保険会社に相談してみてください。

特に該当する項目がない方は、同条件でさまざまな保険会社で見積もりをとってみると、同じ条件なのに掛け金が安くなる場合がありますよ。

ダイレクト系や〇〇共済というのは、大手損害保険会社より安くなる場合が多いですよ。ぜひ、見積もりを取得することをおすすめします。

私は、今の会社で建物や損害賠償保険の管理をしていますが、大手損害保険から〇〇共済に中途更改(契約の満了待たずに保険をやり替える)

すると一番安くなった車両で掛け金が、ほぼ同条件で年間50,000円弱も安くなりました。

やらないにこしたことはないですね。

各社の見積もりはこちらから

     ⇓

保険の窓口インズウェブ

個人年金保険とは?必要なの?

個人年金保険とは?必要なの?

このことを説明していきます。

 

■もくじ

1. 保障内容

2. 必要性

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で個人年金保険の新規獲得の営業や年金支払い開始の手続きの対応を行ってきました。

 

日本の公的年金制度は、いま働いている世代が支払った保険料を高齢者に仕送りする『世代間の扶養』で成り立っています。

 

これから超高齢化社会になり、今の若い世代は、公的年金の支給開始年齢の段階的な引き下げや支給額の減少は避けて通れない状況になっています。

 

公的年金の縮小は、老後の生活の不安をもたらします。そうした不安を少しでも取り除くために老後資金を個人年金保険で準備するのも一つの方法です。

 

そこで、まず、基本的な保障の範囲の解説をしていきます。

 

1. 保障内容

基本的な保障内容

1-1 年金受け取り

加入時指定した年金開始日より、年金の受け取りができます。商品の内容により、終身年金か定期年金かを指定できます。

 

1-2 死亡保険金

年金開始前に死亡した場合は、死亡保険金が受け取れます。

 

 

 

 

2. 必要性

2-1 老後の生活資金

総務省の家計長調査(平成29年)では、夫婦2人で1カ月あたり約23万円が必要とされています。

ここで平均的な夫婦2人の公的年金の受け取り金額を見ていきます。

夫と妻 国民年金      11.4万円

夫と妻 どちらかが国民年金でどちらかが厚生年金 18.4万円

夫と妻 厚生年金      26万円

どちらも厚生年金なら平均で約26万円なので個人年金保険は必要なないかもしれませんね。最近は、共働きも増えたのでこういった方は、多いですね。

2-2 公的年金支払い開始までの空白期間

定年を一般的な60歳と考えると、年金開始年齢まで、5年間の空白期間があります。この収入のない期間の補てんとして加入するのもいいですね。

 

 

まとめ

個人年金保険は、必要性が分かっていても加入していない人は多くいます。若いうちから加入することにより余裕をもって老後の準備ができます。運用期間が長ければながいほど運用利益も多く出るため、有利です。

ぜひ、加入しておられない方は、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

保険見直しラボ

万一のとき必要保障額の計算方法

■もくじ

1. 万一のときの必要保障額の計算方法

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で保険の新規獲得の営業や保険金の請求の対応を行ってきました。

 

その際にお客様の家族構成で必要保障額を計算して保障の提案をしていました。

 

万一のとき残された家族が困ることのないように必要保障額を意識して保険に加入することは重要です。

 

そこで、まず、万一のときの必要保障額の計算方法の解説をしていきます。

 

1. 万一のときの必要保障額の計算方法

支出金額

1-1 配偶者と子どもの生活費

・食費

・光熱費

・通信費

・家賃

・ローン

 

 

1-2 子どもの教育費

・幼稚園~大学までの教育費

すべて国公立に通った場合でも1000万円以上かかるといわれています。

 

 

1-3 ご自身の葬儀費用

葬儀費用は一般的に200万円かかちます。さらに、お墓を建てると170万円がかかるといわれています。

 

 

収入金額

1-4 公的保障

 

遺族基礎年金の計算方法

77万9,300円+子の加算

  • 第1子、第2子:22万4,300円
  • 第3子以降:7万4,800円

18歳未満の子供(障害等級1級、2級の子は20歳まで)がいる配偶者と子が支給対象になりますので、子供が18歳を超えた場合は遺族年金の支給が停止されます

 

 

遺族厚生年金の計算方法

平均月収が30万円で 実際の加入期間を300カ月とした場合

月収約36,996円になります。

 

遺族基礎年金と遺族厚生年金を合計すると

子ども1人の場合 約月収12万円

子ども2人の場合 約月収14万円

子ども3人の場合 約月収14万5000円になります。

 

1-5 配偶者の収入

・働いてえらえ得られる収入

・不動産収入

・配当収入

 

1-6貯蓄

・普通貯金

・定期貯金

 

まとめ

(1-1~1-3の支出金額)-(1-4~1-6収入金額)=(必要保障額)になります。

 

例をあげてみましょう

夫 30歳(会社員月収30万円)  妻 30歳(会社員月収15万円)   子ども(0歳)

支出金額

食費    60000円

光熱費   20000円

通信費   20000円

家賃    100000円

ローン(車)30000円

total  月 23万円

子どもが大学卒業までの生活費として23万円×12月×22年=6072万円

妻が65歳まで 23万×12月×13年=3588万円

教育費

1000万円

・葬儀費用、お墓代

370万円

支出額合計1億1,030万円

 

収入金額

 遺族基礎年金(子供が18歳まで)と遺族厚生年金

12万円×12月×18=約2592万円   (子どもが18歳まで)

3万7000円×12月×17年=約755万円 (妻が65歳まで)

遺族年金合計3,347万円

 配偶者収入

15万円×12月×35年=6,300万円

 貯蓄

定期貯金 300万円

収入金額 9,947万円

必要保障額は1億1030万円-9,947万円=1,083万円になります。

 

このように例のようにご自身の家庭でもおおまかでいいので必要保障額を計算してみてはいかがでしょうか。

思ったより少ない金額でも、公的保障や配偶者の勤労収入により賄っていけることがわかると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療保険とは?必要なの?

医療保険とは?必要なの?

このことを説明していきます。

 

■もくじ

1. 保障内容

2. 必要性

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で医療保険の新規獲得の営業や保険金の請求の対応を行ってきました。

 

病気やケガは、いつ一生のうち自分の身に降りかかってくるかもしれません。

 

病気やケガにかかってから保障を変えることができないので、自分の加入している保障を把握しておくことは大切です。

 

そこで、まず、基本的な保障の範囲の解説をしていきます。

 

1. 保障内容

基本的な保障内容

1-1 入院

入院したことにより支払われます。多くの場合、日額いくらで支払われます。

一般的に5000円~10000円に加入されている方が多いです

最近は、ほとんどの商品が、日帰り入院から保証してくれます。

一回の入院の限度日数があり、契約時に決まます。

 

1-2 入院見舞金

入院したことに見舞金が支払われます。

最近は、医療技術の進歩や政府による医療費の抑制のため入院期間が短くなっているので一時金があると助かりますね。

 

 

1-3 手術・放射線治療費

手術や放射線治療をした場合に一時金として支払われます。

手術の種類によって保険金が変わる商品もありますし、この保障がついてない商品もあります

 

 

1-4 通院

通院一回に対して保険金が支払われます。一般的に5000円~10000円に加入されている方が多いです。

商品によっては、付いていない場合もあり、注意が必要です。

 

1-5 三大疾病

三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)になり入院、手術、放射線をした場合、一般の保障に対して上乗せで保険金を支払ってくれます。

 

 

1-6 払い込み免除

保険の期間中にある一定条件の状態なると、それ以降の掛け金を払わなくてよくなります。

商品により、ない場合や一定条件が違っていますので注意が必要です。

 

 

1-7 先進医療

先進医療にかかる技術料相当額を受け取れます。通算で1000万円~2000万円が限度であることが多いです。

 

がん治療では、陽子線治療や重粒子治療が有名です。

一般的に多いのが白内障の手術で、多焦点レンズを用いた水晶体再建術があります。

 

2. 必要性

ケガや病気は生きている限り付き合っていかなければならないものです。

日本は国民皆保険制度のもと、医療費の大部分は、国が負担していますが、その中でも自分自身が支払う治療費も当然あります。

自分自身が支払う治療費のうち、賄い切れない部分を医療保険もしくは、貯蓄により、そなえないといけないということになります。

 

2-1健康保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度

・健康保険・・・サラリーマンやその家族

・国民健康保険・・・自営業者

・後期高齢者医療保険・・・75歳以上の高齢者

年齢別自己負担額

0~6歳 2割

6~70歳 3割

70~75歳 2割

75歳以上 原則1割

 

 

2-2高額療養費制度

1か月の医療費の自己負担額が限度額を払い戻す制度です。

例えば100万円の医療費がかかり、自己負担割合が3割の人は30万円負担します。自己負担の上限額が設けられており、高額療養費として超えた部分は支給され、本当の自己負担は87430円で済みます。(70歳未満で年収370万円~770万円の方)

ただし、健康保険外の費用(差額ベット代・先進医療・入院時食事療養費等)は対象外となります。

 

2-3 傷病手当金(国民年金加入の自営業者は除く)

病気やけがのため働くことが出来ず、3日連続で会社を休んだ場合は4日目から傷病手当金が最長で以上1年6か月支給されます。

支給金額 標準報酬日額の3分の2に相当する額

例えば 標準報酬月額が300000円の場合

標準報酬日額:10,000円

傷病手当金 6,667円

 

まとめ

入院時の負担額は、治療費・食事代・差額ベッド代・交通費等を含むと10000円以上負担している人が6割以上います。そのため、傷病手当金や貯蓄等を考えると入院保障は日額5000円程度あれば十分です。

5000円以上加入している方は、見直しを検討してはいかがでしょうか?医療費にまわせる貯金があれば、加入する必要性もないかもしれないね。

私は、家族すべて日額5000円の医療保険に加入しています。

 

 

 

 

終身保険、養老保険、定期保険とは?必要なの?

終身保険、養老保険、定期保険とは?必要なの?

このことを説明していきます。

 

■もくじ

1. 保障内容

2. 必要性

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で終身保険、養老保険、定期保険の新規獲得の営業や保険金の請求の対応を行ってきました。

 

終身保険、養老保険、定期保険は本人が死亡したら受け取れます。

 

受取人は、家族になるので、自分が死亡したときいくら払われるかしっかり把握しておくことは大切です。

 

そこで、まず、それぞれの保障とメリット、デメリットについて解説をしていきます。

 

1. 保障内容

 

1-1終身保険

保険に加入時から、一生涯にわたり途切れることなく死亡保障があります。

 

メリット

・一生涯途切れることがないので一度加入したら安心です。

・貯蓄性であり、解約したら解約返戻金があります。だだし、支払った掛け金とは異なります

 

 

デメリット

・定期保険に比べて掛け金の負担が大きくなりやすいです。

 

 

1-2養老保険

保険加入時から一定期間(加入時に決めた期間)まで死亡保障があります。

 

 

メリット

・満期を迎えると満期金があり、教育資金や老後資金づくりに活用営業できます。

・貯蓄性であり、途中解約したら解約返戻金があります。だだし、支払った掛け金とは異なります

 

デメリット

・終身、定期保険に比べて、掛け金の負担が大きく保障も一定期間に限られます。

 

1-3定期保険

 

保険加入時から一定期間(加入時に決めた期間)まで死亡保障があります。

 

メリット

・割安な掛け金で一定期間大きな保障が確保できます。

 

デメリット

・基本的に掛け捨てで保障も一定期間に限られます。

 

 

 

2. 必要性

 

 

死亡保障は、絶対に必要かといわれればそうではありません。もし、万一のことがあったとき、まず一番に

 

困るのは残された家族です。家族のために、現在の生活でどのくらいの金額がいつまで必要なのかを把握する必要があります。

 

加入する目的は、大きく分けると3つあります。

 

①配偶者とお子さんの生活費のため

 

②お子さんの教育費のため

 

③ご自身の葬儀費のため

 

この3つの目的に応じて必要保障額を考えていかないといけません。

 

必要保障額の計算方法は別の記事で説明します。https://hokensetuyaku.com/万一のとき必要保障額の計算方法/

 

そして、必要保障額から配偶者の勤労収入や遺族年金などの収入を差し引いて足りない部分を

 

終身保険、養老保険、定期保険で備えないといけません。

 

現在加入している人、これから加入を検討している人は必要保障額を計算してみて加入や見直しをしてみることを

 

おすすめします。

 

 

 

 

 

がん保険とは?必要なの?

がん保険とは?必要なの?

このことを説明していきます。

 

■もくじ

1. 保障内容

2. 必要性

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中でがん保険の新規獲得の営業や保険金の請求の対応を行ってきました。

 

がんは、一生のうち男女とも約2人に1人がかかるいわれており、かなりの確率で自分の身に降りかかってくるかもしれません。

 

がんにかかってから保障を変えることができないので、自分の加入している保障を把握しておくことは大切です。

 

そこで、まず、基本的な保障の範囲の解説をしていきます。

 

1. 保障内容

基本的な保障内容

1-1 初回診断一時金

多くの保険会社は、初回診断での一時金が支払われるものが多いです。保障金額にもよりますが、一般的に50万円~100万円に加入されている方が多いです。

 

注意点として、上皮内がん(初期がん)に対しては、初回診断の一時金が満額でないがん保険もあります。

 

1-2 入院

入院一日に対して保険金が支払われます。一般的に5000円~10000円に加入されている方が多いです。

ほとんどすべてのがん保険についている保障です。支払期間も無制限が多く、安心です。

 

 

1-3 手術・放射線治療費

手術や放射線治療をした場合に一時金として支払われます。

手術の種類によって保険金が変わるがん保険もありますし、この保障がついてない商品もあります

 

 

1-4 通院

通院一回に対して保険金が支払われます。一般的に5000円~10000円に加入されている方が多いです。

がん保険によっては、付いていない場合もあり、注意が必要です。

 

1-5 抗がん剤治療費

抗がん剤治療を受けたときに支払われます。

 

『上皮内がんは対象外』 や 『ホルモン剤治療のみ対象など支払要件が

 

分かりにくいので、注意が必要です。

 

1-6 転移・再発・長期治療費

 

前回から一定期間経過して、再発や治療を行った際に一時金が受け取れます。

 

一般的に50万円~100万円受け取れる保障にに加入されている方が多いです。

 

がん保険により、前回から何年たったらよいか、上皮内がんだったら保険金が変わってくるので

 

注意が必要です。

 

1-7 先進医療

 先進医療にかかる技術料相当額を受け取れます。通算で1000万円~2000万円が限度であることが多いです。

 

がん治療では、陽子線治療や重粒子治療が有名です。

 

2. 必要性

がんは、一生のうち男女とも約2人に1人がかかる病気です。確率なんと50パーセントなんですよ!

だからといって絶対に必要かといわれればそうではありません。

保険会社に払う掛け金には手数料が含まれているため、自分で貯めてもしものとき、払ったほうが確率的には絶対に得に

なります。例として 夫婦2人で大手の掛け金を参考に考えます。

夫婦どちらかが70歳でがんになり、75歳でなくなったとします。

男性 30歳加入 掛金 月3500円 掛金累計額3500円×12カ月×45年=189万円

 

女性 30歳加入 掛金 月3700円 掛金累計額3700円×12カ月×45年=199万円

 

total 388万円

 

受取金  初回診断一時金     100万円

入院 100日      100万円

転移・再発・長期治療費 100万円

抗がん剤治療費     50万円

total          350万円

以上のように確率からいうと貯金したほうがいいです。ただ、二人ともがんになった場合や、若くしてがんになってしまった場合は、貯蓄していた以上のお金が

 

保険金として受け取れます。そういったことも含めて保険の加入や見直しを検討してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こども学資保険とは?必要なの?

こども学資保険とは?必要なの?

 

この二点について説明していきます。

 

もくじ

1.保障内容

2.必要性

 

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中でこども学資保険を売っていました。商品を売るにあたっては、商品の説明が不可欠になりますので知識ももっています。

 

私が営業をしていたときのこども学資保険は、別の保険に加入してもらうための情報取得のための商品であったように感じました。

今回は、『こども学資保険』について解説していきます。

 

現在、おこさんがいる方、これからこどもの出産を控えている方はぜひ記事をご覧ください。

 

1. 保障内容

 

1-1おこさんの保障

 

おこさんの死亡保障が付いています。

 

基本的にはどの保険会社も払い込んだ掛け金の相当額が死亡保険金として返ってきます。

 

払い込んだ掛け金が返ってくるので、掛け金の損はありません。

 

 

1-2契約者の保障

 

契約者が万一の場合に備えた払い込み免除の保障が、こども学資保険の特徴ではないでしょうか。

 

払い込み免除とは、契約者が万一のときに次からの保険掛け金の払い込みが免除される制度です。

 

万一のときの条件は、保険会社にとって契約者の死亡だけのところもありますし、重度の障害にでも該当する保険会社もあります。

 

契約者が、万一のとき教育資金の確保が難しくなるので、学資保険に加入することにより、進学をあきらめなくてもよくなりますね。

 

2.必要性

1-1教育資金

こども学資保険に加入する目的は、こどもの学資金の準備のためです。幼稚園から大学卒業までの教育費の総額は大学まですべて公立でも約1000万円はかかると言われています。

 

その中でも特に大学の教育費は国立でも500万円以上になります。将来、お子さんを大学に行かせたいと

 

思っている方は、教育資金の準備は、早めに始めないと間に合いません。学資保険は、満期まで掛けると返戻率

 

(満期を迎えた場合の満期保険金を受け取る金額が、これまでに支払った保険料に対して何%あるのかを示すもの)

 

は、105%前後もあり契約者は得をするようになっています。貯金は、貯まったらすぐに下して使ってしまうこともおりますが

 

保険はそういったことがありません。私自身が、貯金だとすぐに下してしまう可能性が高いので、学資保険でこども教育費は準備してます。

 

貯金できる人は、無理に学資保険に加入する必要性はないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車保険の保障内容って?

 

 

自動車保険の保障内容って?事故のときどんなことが保証してもらえるの?

このことを説明していきます。

 

■もくじ

1. 保障内容

2. 事故が起こったときの対応

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で自動車保険の新規獲得や継続手続き、事故現場への急行対応を行ってきました。

 

保険は万一のときといいますが、自損事故を含めると10000分の1以上の確率で起きており、いつ自分の身に降りかかってくるかもわかりません。

 

事故が起きてからでは保障を変えることができないので、自分の加入している保障を把握しておくことは大切です。

 

そこで、まず、基本的な保障の範囲の解説をしていきます。

 

 

1. 保障内容

1-1 自分自身の保障

 

自分自身の保障は、人身傷害という保障が含まれていれば、保障の対象になります。

 

ほとんどの場合、基本保障に含まれているのでわざわざ付加する必要はありません。

 

保障範囲は、以下の通りです。

 

・自分自身がけがしたときの入院、通院費

 

・けがをしてしまって仕事に行けなくなったときの休業損害

 

・精神的損害

 

・後遺障害による損害

 

・死亡による損害

 

自身の保障は、これだけ保障されていれば十分ですね。ただし、保障金額を設定している場合はそれが上限になります。

 

私は、3000万円あれば、十分だと思います。ちなみに私は、車2台保有していますが、どちらも人身傷害は3000万円です。

 

 

 

1-2 自分の車に対する保障

 

自分の車両の保障は、車両保険という保障が含まれていれば、保障の対象になります。

 

保障範囲は、以下の通りです。

 

・自分の車が傷ついたり、自然災害により動かなくなった場合の修理費

 

・車が自力で動くことが出来なくなったときの運搬にかかる費用

 

・車が自力で動くことが出来なくなったときの仮修理にかかる費用

 

車両保険は、付加している人としていない人が大きく分かれる保障のひとつになります。

 

ちなみに私は、車両保険に一台は加入して、一台は加入していません。

 

理由としては、車両価格が50万円以下で、もしものときでも50万円しかでないので付加していません

 

 

 

 

 

 

1-3 相手への保障

 

相手の保障は、対人、対物賠償という保障が含まれていれば、保障の対象になります。

 

基本保障に含まれているのでわざわざ付加する必要はありません。

 

保障範囲は、以下の通りです。

 

・相手がけがしたときの入院、通院費

 

・相手がけがをしてしまって仕事に行けなくなったときの休業損害

 

・相手方の精神的損害

 

相手方の後遺障害による損害

 

・死亡による損害

 

・相手の車が傷ついた場合の修理費

 

・相手のものを壊したことによる損害

 

・相手の車が自力で動くことが出来なくなったときの運搬にかかる費用

 

この保障は、保障金額が無制限であり、自動車保険で一番大事な保障になります。事故により多額の損害賠償を請求されたとき、自分自身を守ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.事故が起こったときの対応

2-1  事故発生時

 

交通事故は突然起こるものです。誰しもが動揺し、パニックになります。まずは、冷静になりましょう。

 

そして次にすべきことは、けが人の確認です。げかにがいる場合はすぐに安全なところに移動し、救急車を呼びましょう。

 

けが人がいない場合もすぐに警察には電話しましょう。保険会社への連絡は、あとでいいです。

 

 

 

2-2 保険会社の対応

保険会社に連絡すれば、あとは保険会社が事故対応を始めてくれます。先走って、自分で示談交渉をすることがないようにしましょう。

 

まとめ

自動車保険が、どんなことを保障してくれているかわかっていただけましたか。いつ被害者や加害者になるかわからないのでしっかりリスクに備えておきましょう。

 

自動車保険会社は、たくさんあるので迷っている方は、各社で見積もりをとってみるのもいいかもしれませんね。

 

見積もりはこちら

保険の窓口インズウェブ

 

車 任意保険 必要なの?

 

私は、FPとして7年間の保険の営業をしてきて、その仕事の中で自動車保険の新規獲得や継続手続き、事故現場への急行対応を行ってきました。

 

損害賠償では、億を超える場合もあり加入していないと一瞬にして人生が180度変わってしまいます。

 

事故が起きてからでは保障を変えることができないので、自分の加入している保障を把握し、もしものときに備えておくことは大切です。

 

そこで、まず、保障の必要性を解説をしていきます。

1. 必要性

 

1-1 自動車事故は約1分に1件発生している!

都市部を除き、自動車は交通手段として欠かせない存在となってます。その一方、全国で年間約47万件の交通事故が起こっており、けが人は約58万人、死亡者数は約3600人となっています。

いつ自分が、被害者や加害者になるかわかりません。

 

1-2 自賠責保険に加入だけでは足りない!

車の保険には、自賠責保険があります。中には『自賠責保険に加入しているから大丈夫』と思っている人もいるようです。ですが、自賠責保険だけでは不十分です。

自賠責保険だけ保障できるのは対人賠償責任でだけであり、その金額も傷害による損害で最高120万円まで、後遺障害で4000万円、死亡による損害で最高3000万円になってます。

対人賠償額が自賠責保険の支払い限度額を超える場合、十分な保障が出来ません。そこで、任意保険に加入しておくことにより、その不足分を補てんすることができ、安心です。

 

1-3 自分の車の保障もつけることができる!

車両保障がつけることができ、自分の車の修理、買い替えの費用も保険で賄うことができます。

特に自損事故(相手がいない事故)の場合、すべて修理代等は、持ち出しになってしまいますので、安心です。

 

1-4対物賠償がついている!

相手のものに対しての保障がついていて、相手の車、建物、営業損害などを補償してくれます。相手への保障も高額になる場合もあり、安心してます。

 

1-5自分のケガの保障もついている!

自分自身がケガしたときの保障があり、入院、通院や休業保障などが受けることができます。

 

1-6 自然災害の保障もついている!

最近は、全国各地で水害が発生しています。普段運転する頻度が少なく、事故に合う確率が低いかもしれませんが災害は、いつ、どこで発生するかわかりません。自然災害によって買い替えや修理が必要になったときでも保障の対象になります。

 

まとめ

 

高額化する賠償金や無保険車との事故、自損事故、といったリスクを考えると任意保険に加入するしかないです。人生が事故により

180度変わってしまうことがないように備えが必要です。まだ、加入してないお車をお持ちの方は加入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

保険の窓口インズウェブ